Subscribe for Updates via RSS Feed Facebook Profile YouTube Channel

Flying Swords of Dragon Gate(メイキング) Next Post WAR Isolated Score ”Rooftop Pursuit” [Better Version]

徐克李連杰聚首北大 龍門飛甲創3D奇観

中国初3D武侠映画の大作、ジェット・リー主演「龍門飛甲(Flying Swords of Dragon Gate)」の公開を12月に控え、北京大学にて監督のツイ・ハーク(徐克)と共に行われたトークショーの様子をまとめた動画だったんですが、残念ながら動画が削除されてしまっていたので、別なものと差し替えさせていただきました。

実はツイ・ハーク監督って、かなり個性的な方のようです。
とにかくハチャメチャらしいです(笑)
この『龍門飛甲』はワイヤー・ワークを初めて使ったキン・フー監督の「龍門客桟」のリメイクを更にリメイクしたもの(ややこしい)
キン・フー監督は、あの『スウォーズマン/剣士列伝』の監督だったそうです。が、脚本を書いていたツイ・ハークのハチャメチャぶりに愛想を尽かして監督を降りちゃったんですって。その時のハチャメチャぶりが『キン・フー武侠電影作法』に書かれているそうです☆
でも、「龍門客桟」を二度もリメイクしたツイ・ハーク監督は、きっとキン・フー監督が大好きなんじゃないかと思います。
やりたいことがいっぱいあって、周りがなかなかついていけなかったんだろうな。
連杰ともいろいろあったようですが、20年の歳月は二人を大人にしたのかしら(笑)

もちろん『JET FORUM 2』にもたくさんの画像や映像がありますので、是非とも立ち寄ってみてください♪

Tags:
alt text goes here